ワキ脱毛でワキガは治る?

ワキ脱毛でワキガは治る?

夏場は、汗のニオイって気になりますよね。

特に「私ってワキガ体質かも?」と思う方は、その悩みも深いでしょう。

もしもワキ脱毛でワキガが治るのであれば、いいなと思いますよね。

はたしてワキの脱毛で、ワキガは治るのでしょうか?

こちらの記事をご参考下さい。

 

脱毛でワキガは治るのか

正確にいうと、ワキ脱毛でワキガのニオイは軽減されます。

しかし、完全にワキガが治るという訳ではありません。

ワキガには軽いものから重度なものまで、段階的に症状が区切られています。

ワキガ治療の際に先生が症状の目安にするのは以下の通りです。

ワキにガーゼにを当てて汗を染み込ませて、ニオイを5段階に判別する方法です。

  • 1.全く臭わない。
  • 2.鼻にガーゼをくっつけてやっと少しニオイが分かる。
  • 3.鼻にガーゼをつけるとニオイがする。
  • 4.近づけるとニオイがする。
  • 5.手に持っただけでニオイが分かる。

 

次に、なぜワキガのニオイになるのか原因を見ていきましょう。

 

ワキガの原因を知っておこう

そもそもワキガの原因は、なんでしょう?
ニオイの元は汗ですが、その汗が出る汗腺には2種類あります。

・エクリン腺
エクリン線から出る汗の99%は水分で、残りは塩分などです。

いわゆるサラサラの汗はこのエクリン線から出ている汗なのです。

このエクリン線から出る汗はほとんどが水分ですので、時間が経ってもニオイになりません。

・アポクリン腺
アポクリン線から出る汗には水分のほかに、脂質・タンパク質などが多く含まれています。

アポクリン線から出る汗も最初はニオイになりませんが、時間が経つにつれてイヤなニオイに変化してしまいます。

その理由は、脂質などの成分がワキに潜んでいる菌により分解されてしまい、ワキガ独特のニオイが発生するという仕組みなのです。

どの人のワキの下にも、エクリン線とアポクリン線どちらも存在するので誰でも汗を書くと多少なりともニオイはするものです。

しかし、アポクリン線が多くある方がワキガ独特のニオイが強くなってしまうのです。

 

ワキガを完全に治すには専用の治療が必要

ワキ毛があると、菌が繁殖しやすくなりニオイが強くなってしまいやすいです

なので、ワキ脱毛を行うことによって、ワキの下を清潔に保つことができるのでニオイの軽減につながります。

ニオイが比較的軽いのであれば、汗をかいてもすぐに清潔に保っていることで、ニオイを抑えられるます。

ワキのニオイが少し気になる程度であれば、脱毛で十分改善できるでしょう。

しかし、ワキガを根本的に治したいのであれば、専用のクリニックでワキガ治療を行いましょう。

▲ページトップに戻る