就職活動やバイトで脱毛するべき?【脱毛とお仕事】

就職活動やバイトで脱毛するべき?【脱毛とお仕事】

就職活動やバイトの面接などは、自身の外見について見つめ直す機会でもあります。

この記事では、就職活動前には脱毛するべきなのかについて解説しています。

また、脱毛を行った方が良いとされるお仕事についても紹介しています。

あなたの職業には、当てはまっていますでしょうか?

 

就職活動前には脱毛するべき?

企業の就職活動や、見た目が重要な職種のバイトの面接では、外見と身だしなみをしっかりしておかないと大きなマイナス評価になってしまいます。

特に、面接時に注目されるのが手の甲や指の部分でしょう。

毛を抜いて処理すると、毛穴が開いて目立ってしまったり、ひどい場合には埋没毛になってしまう場合もあります。

そうならないためにも、就職活動が始まる前にレーザー脱毛でキレイにする方が増えているようです。

せっかく脱毛を行うのであれば、就職活動で忙しくなる前に脱毛を完了させておいた方が余裕を持って活動を行えます。

続いて、脱毛を行った方が良いさまざまな職業についてご紹介しましょう。

 

水商売のお仕事

露出度の高い服を着るので、ムダ毛のお手入れは特に気を使うお仕事ですよね。

しかし、頻繁にカミソリや家庭用脱毛器などで自己処理をしていては手間がすごくかかってしまいますし、なによりお肌にダメージを与えてしまうので良くありません。

やはりキレイはお肌を保ちつつ、ツルツルにするにはレーザー脱毛を行うのが一番なのではないでしょうか。

 

モデルのお仕事

モデルのお仕事も、ミニスカや水着・下着などを着用する機会が多いのでムダ毛処理は絶対に欠かせません。

モデルの中には、撮影前にブラジリアンワックスで脱毛を行って処理している方もいらっしゃるようです。

しかし、ブラジリアンワックスの脱毛は、繰り返し行っていると良くありません。

ブラジリアンワックスは毛を無理矢理抜いてしまうので、肌や毛穴へのダメージが大きくのです。

また、埋没毛により黒いプツプツになってしまう可能性も高く、再び毛が生えてきてしまうのであまりオススメは出来ません。

トータルコストを考えるのであれば、レーザーでの永久脱毛が良いでしょう。

 

インストラクターのお仕事

スイミングやスポーツジムのインストラクターなどお仕事も露出度が高く、人から注目される機会が多いので脱毛は必須なのではないでしょうか。

また、特に気を付けないといけないのがワキの部分です。

少し油断してムダ毛の処理を怠ってしまうと、生徒さんに見られてしまうので大変です。

また、ワキは、カミソリで剃ったり毛抜きで抜いて自己処理することが多いと思います。

しかし、自己処理を重ねるごとにお肌にダメージを与えてしまい、メラニン色素が沈着して黒ずんでしまいます。

そうならないためにも、レーザー脱毛でツルツルにするのがベターではないでしょうか。

▲ページトップに戻る