脱毛で気になる部分のにおいが無くなる?【脱毛とにおいの関係】

脱毛で気になる部分のにおいが無くなる?【脱毛とにおいの関係】

気になる、ワキやデリケートゾーンのにおい。

「脱毛してにおいが無くなった!」という感想を見かけることがあります。

におい対策で脱毛するのは、アリなのでしょうか?

脱毛とにおいの関係や、においの原因について解説します。

 

脱毛でにおいが減るの?

脱毛することによって必ずしもニオイが無くなる訳ではありませんが、ニオイが軽減されることはあります。

ワキのにおいの原因、デリケートゾーンのにおいの原因について詳しく見ていきましょう。

 

ワキのにおいの原因

・汗
・細菌
・わきが臭

わきのにおいには2種類あって、「酸っぱいにおい」と「わきがのにおい」があります。

どちらも、汗をかくことによって細菌が繁殖して汗を分解してしまい、それがにおいの元になってしまうのです。

「酸っぱいにおい」は、エクリン腺と呼ばれる汗腺から出る汗が原因で、99%が水分です。

「わきがのにおい」は、アポクリン腺と呼ばれる汗腺から出る汗が原因で、エクリン腺から出る汗よりも脂質が多く含まれており、細菌がこれを分解するとわきがのにおいとなります。

脱毛によって汗腺が減る訳ではありませんので、においの根本的な解決策にはなりません。

しかし、脱毛によって毛が無くなると、汗がたまりくくなるので細菌の繁殖が抑えられるので、においが軽減されることはあります。
 
続いて、リケートゾーンのにおいについて解説しましょう。

 

デリケートゾーンのにおいの原因

・汗
・細菌
・おりもの
・生理
・性病
・妊娠

デリケートゾーンのにおいの原因は、さまざまです。

わきと同じく、汗や細菌が原因でにおいがしてしまう場合、またおりものや生理の経血が付着してにおいの元になっている場合があります。

この場合は、脱毛によってムダ毛を無くして清潔を保っているのであれば、においが軽減されます。

しかし、性病や妊娠が原因でにおいが発生してしまっているケースでは、いくら脱毛をしてもにおいは改善されません。

もし、清潔に保っていてもにおいがするという場合は、医療機関で受診するようにしましょう。

 

おわりに

脱毛をすればにおいの元をシャットアウト出来るとは限りません。

しかし、毛が無くなることによってよりその部分を清潔に保つことが出来るので、ニオイの軽減に繋がるのです。

なので、「ニオイを無くしたいから脱毛しよう!」というのは本来の目的から少しズレてしまっています。

あくまでもムダ毛を無くすことが脱毛の大きな動機なので、そのメリットの1つとしてにおいが軽減されると考えて下さいね。

▲ページトップに戻る