脱毛に失敗しないためのテスト照射とは?

脱毛に失敗しないためのテスト照射とは?

脱毛施術は照射するレーザーの種類や波長によって、痛さや効果が異なる場合があります。

ですが、自分に合った脱毛器を設置しているサロンやクリニックを選ぶにはどうすればよいのでしょうか?

そこで重要なのが、脱毛の施術を契約する前にテスト照射を受けてみることです。

この記事では、テスト照射について詳しく解説します。

 

テスト照射の重要性

レーザー脱毛器は色々な種類やメーカのものがありますが、レーザーの種類や特徴が機器によって異なります。

例えば、医療レーザー脱毛器では「アレキサンドライトレーザー」と「ダイオードレーザー」など、違う種類のレーザーが存在します。。

実は、レーザーには合う・合わないという個人の相性というものが存在するのです。

そのため、「一方の種類の脱毛器では全然痛みを感じないけれど、もう一方の脱毛器のレーザーを照射すると痛い!」ということも起こりえます。

痛みがあるときは正直にそれを伝えて、他の脱毛器を試したり、場合によってサロンやクリニックを変更するのもアリでしょう。

 

後からサロンやクリニックを変えるのは手間がかかりすぎる

とは言え、脱毛の契約を済ませてからでは、途中でサロンやクリニックを変えるというのはかなりの手間を要します。

脱毛は1回で終わるものではなく、完了するには脱毛エステサロンなら10回以上、クリニックでの5回ほど通わなければなりませんので1年ほどの期間を要します。

そのため、自分に合わないレーザー脱毛器を設置しているところは避けるべきです。

事前に契約する前にテスト照射をあらかじめ受けておき、「痛みがどのくらいのものなんだろう?」というのを確かめておく必要があるのです。

痛みが強く我慢できないと感じた場合には、他のサロンやクリニックでもテスト照射を試した方が良いでしょう。

 

テスト照射は無料で行ってくれるところで試そう

照射テストは無料カウンセリングの時に、行ってもらえるところがほとんどだと思います。

しかし中にはこちらから申し出ないと、テスト照射を行ってくれないサロンやクリニックも存在しますので注意が必要です。

また、カウンセリングは無料なのに、テスト照射には料金が発生するところもあります。

テストなのにお金をとられては勿体無いので、前もってテスト照射に料金がかからないか確認を行い、無料で行ってもらえるところで受けるようにしましょう。

以上、脱毛前のテスト照射について解説しました。

レーザー照射時における痛みの程度を確かめ、ご自身の体との相性をチェックするために照射テストは必ず受けておきましょう!

▲ページトップに戻る