色素沈着した所にレーザーを照射すると危険って本当!?【脱毛】

色素沈着した所にレーザーを照射すると危険って本当!?【脱毛】

「色素沈着した黒い肌だと、レーザーを照射するのは危険なので脱毛できません」とお店から断られるケースがあると聞きます。

色素沈着した所にレーザーを照射すると危険というのは、本当なのでしょうか?

また、「地黒の方に適した最新医療用レーザー脱毛器」についてもご紹介しています。

それでは、参考にどうぞ!

 

色素沈着した所にレーザーを照射すると危険って本当!?

脱毛用レーザーは、黒いメラニン色素に反応します。

日焼けなどでかなり色素沈着した黒い肌にレーザーを照射すると、強く反応してしまいヤケドを起こしかねません。

また、色素沈着した所にレーザーを照射するデメリットはもう1つあります。

 

肌が黒いと脱毛効果が薄れる

本来であれば、毛のメラニン色素のみに反応するはずのレーザーが日焼けした肌にも反応してしまうので、レーザーの効果が毛穴の奥まで伝わらずに効果が薄れてしまいます。

また、ただでさえ出力の低い脱毛エステサロンの光脱毛だと、地黒の方は脱毛の効果がかなり低くなってしまいます。

なので、期間・回数が余計にかかってしまう恐れもありますので注意が必要です。

 

色素沈着があまりにも強い場合は美白改善する場合も

もともとが地黒で、色素沈着があまりにも強くレーザー脱毛が難しいと判断された場合はどうなるのでしょうか?

その場合、ハイドロキノン配合のクリームや美容液などで脱毛が可能なレベルまで美白の改善を行ってくれるクリニックもあります。

また、脱毛部位に大きなホクロがある場合は、先にホクロの除去を提案されることもあるようです。

もし「地黒の私でもレーザー脱毛が出来るか心配・・・。」だと懸念されている方は、初回の無料カウンセリングにまずは行ってみましょう。

色素沈着による問題があるならば、カウンセリングにて何らかの提案をしてくれることでしょう。

 

地黒の方に適した医療用レーザー脱毛器も

最近では、技術の進歩により、肌のメラニン色素には反応せずに毛の根元のみを破壊できる医療用レーザー脱毛器が開発されています。

代表的なところですと、「メディオスターNeXT」というダイオードレーザー脱毛器ではないでしょうか。

導入されているクリニックはまだ少なく、一般的な施術費用よりも高額になるようですが、地黒で心配だという方は導入しているクリニックでの脱毛を検討されてはいかがでしょうか?

 

さいごに

レーザー脱毛によるヤケドなどの肌トラブルが心配なのであれば、クリニックでの医療レーザー脱毛が良いでしょう。

クリニックは、医師が必ず診察を行い、医療の知識を持った専門家のもとで脱毛を行うので、万一の肌トラブルにも安心です。

また、光脱毛と違って永久脱毛が可能というところも医療レーザー脱毛の大きな特徴ですね。

ご自身のニーズに合った、お店選びを行いましょう。

▲ページトップに戻る