【レーザー脱毛】自己処理で黒くなった肌も綺麗になる!?

【レーザー脱毛】自己処理で黒くなった肌も綺麗になる!?

「ワキ毛の自己処理を繰り返していたら、肌が黒ずんできちゃった!」とお悩みの方はいらっしゃいませんか?

この記事では、「レーザー脱毛で自己処理で黒くなった肌も綺麗になるの!?」という疑問や、「肌が黒ずんでしまう仕組み」、「色素沈着を改善するには」ということについてお答えします。

それでは、ご覧ください。

 

レーザー脱毛は自己処理で黒くなった肌も綺麗になる?

レーザー脱毛をすると、自己処理で黒くなってしまった肌も綺麗になるのでしょうか?

答えは、ずばりYESです!

そもそも、なぜ自己処理をすると肌が黒ずんでしまうのか解説しましょう。

 

肌が黒ずんでしまう仕組み

ムダ毛を剃ったり抜いたりの自己処理を繰り返すと、肌が黒ずんでしまいます。

この仕組みを、ご説明しましょう。

肌がダメージ(刺激)を受けることによって、肌の自己防衛機能により肌を守ろうと働きます。

そうすることで、肌のメラニン色素が増えてしまいます。

これがいわゆる、メラニン色素が沈着してしまった状態です。

メラニン色素は黒いので、色素沈着を起こしてしまうと肌は黒ずんでしまうのです。

それでは、色素沈着を改善するにはどうすればよいのでしょうか?

 

色素沈着を改善するには

色素沈着を改善するには、下記の3つが有効な手段です。

  • 肌にダメージ(刺激)を与えない
  • 保湿や美白ケアをしっかりと行う
  • ビタミンA・ビタミンCを摂取する

1つずつ解説しましょう。

【肌にダメージ(刺激)を与えない】

色素沈着を改善するには、それ以上肌にダメージ(刺激)を与えないのが一番なのです。

日焼けした肌もそうですが、紫外線を避けることによって自然と白い肌に戻っていきますよね?

自己処理で黒ずんでしまった肌もダメージを与えずにしていれば、肌のターンオーバー(新陳代謝)により古い角質が剥がれて白い肌に戻っていきます。

 

【保湿や美白ケアをしっかりと行う】

また、保湿や美白ケアをしっかりと行うことによって肌を休ませることができるので、色素沈着に効果があります。

肌の黒ずみに効果のある美容液やクリームで保湿を行いましょう。

 

【ビタミンA・ビタミンCを摂取する】

食事にも色素沈着の改善に効果があるものもあります。

かぼちゃやにんじんに多く含まれるビタミンAは、肌のターンオーバー(新陳代謝)を促してくれます。

また、ブロッコリーやほうれん草に多く含まれるビタミンCは、色素沈着を落とす効果があります。

 

さいごに

レーザー脱毛により、ただちに黒ずんでしまった肌が白くなる訳ではありません。

しかし、肌にダメージを与えずに上記の対策を行うことによって、肌は徐々に本来の白さを取り戻していきます。

もし、黒ずんだ肌にお悩みなのであれば、レーザー脱毛を行うことで自己処理の必要の無い環境を手に入れるのも非常に有効でしょう。

▲ページトップに戻る