日焼けした肌では脱毛できない3つの理由

日焼けした肌では脱毛できない3つの理由

「日焼けした肌では脱毛の施術が受けられません。」

こんな案内を、脱毛エステやクリニックで事前に受けますよね。

この記事では、、日焼けした肌が脱毛できない理由を解説します。

また、脱毛する前に日焼けしてしまった時の対処法を調べました!

 

日焼けした肌では脱毛できない3つの理由

日焼けした肌が脱毛NGな理由は3つあります。

 

1.日焼け直後の肌は乾燥しているため痛みを感じやすい

日焼けした直後の肌は、紫外線のダメージにより肌が普段よも乾燥しています。

そんな状態で肌にレーザーを照射してしまうと、「いつもより痛い~!!」と感じてしまいます。

紫外線により、ダメージを受けている肌に刺激を与えるのはよくありません。

 

2.レーザーが黒くなった肌に反応してしまう

脱毛に使用するレーザーは黒色、いわゆるメラニン色素というものに反応します。

当然、日焼け直後の肌はメラニン色素が濃くなっている状態です。

本来であれば、毛のメラニン色素のみに反応するはずのレーザーが日焼けした肌にも反応してしまうので、レーザーの効果が毛穴の奥まで伝わらずに効果が薄れてしまいます。

 

3.やけどやシミを引き起こしてしまう

日焼けでダメージを受けている肌にレーザーを照射すると、やけどなどの肌トラブルを引き起こしかねません。

また、日焼けで乾燥している肌がさらに乾燥してしまい、シミができやすくなってしまいます。

 

以上が、日焼けした肌では脱毛できない3つの理由でした。

次に、日焼けしてしまった場合の対処方についてご覧下さい。

 

脱毛前に日焼けした時の対処法

「うっかり日焼けしちゃった!1週間後に脱毛の予約をしてるのに・・・」なんてことが起こったらどうしますか?

1週間ほどの期間がある場合、あきらめるのはまだ早いかもしれませんよ!

 

  • 22時から2時までの間に睡眠をしっかりととる。

肌は、夜の22時から2時までの間に最も活発に生まれ変わろうとします。

この時間帯にしっかりと睡眠をとるように心がけましょう。

 

  • ビタミンA・B6・Cを摂取する。

ビタミンの中には肌の再生を促進させる働きがあるものがあります。

ビタミンA・・・古くなった角質がはがれ落ちるのを促進する作用があり、製品・うなぎ・海藻類・ほうれん草などに豊富に含まれています。

ビタミンB6・・・肌の新陳代謝を促し、肌の細胞を活性化する働きがあるとされており、主な食品:バナナ・鶏肉・かつお・まぐろなど豊富に含まれています

ビタミンC・・・肌コラーゲンの生成を助ける働きがあり、ブロッコリー・レモン・みかんなど豊富に含まれています。

 

  • 肌を保湿する。

紫外線のダメージで乾燥している肌に対してしっかりと保湿することで、肌を正常な状態に戻します。

 

いかがでしたでしょうか?

日焼けした肌で脱毛のレーザーを照射してしまうと、肌トラブルを引き起こしてしまうので危険です。

もし、直前に日焼けしてしまった場合は、脱毛エステやクリニックにしっかりと伝えて相談しましょう。

▲ページトップに戻る