レーザー脱毛に副作用は無い?【4つの項目を例にして解説】

レーザー脱毛に副作用は無い?【4つの項目を例にして解説】

「レーザー脱毛って何だか怖いイメージがあるし、副作用が心配・・・」と思われている方に向けて、解説をしました。

「アトピーでもレーザー脱毛はできる?」、「妊娠中でも大丈夫?」、「皮膚ガンにならない?」、「アレルギー体質だけど大丈夫?」といった項目を例にして分かりやすくお伝えします。

これを読むと、レーザー脱毛に対する不安も解消できるのではないでしょうか。

それでは、ご覧下さい。

 

レーザー脱毛に副作用は無い?

結論から申し上げますと、レーザー脱毛に副作用はありません。

ただし、脱毛を行った後の肌は赤みが出て乾燥しやすく肌が敏感になっている状態なので、保湿などのアフターケアや紫外線の日焼け防止はしっかりと行うことが大切です。

簡単に説明するとこれだけなのですが、この説明だけだとかなり大雑把になってしまうので、下記の4つの項目を例にして解説していきましょう。

 

アトピーでもレーザー脱毛はできる?

アトピーの方でも、レーザー脱毛は問題なく行えます。

レーザー脱毛で、アトピーが悪化することは無いので安心して下さい。

脱毛が完了すれば、自己処理で肌を傷付けたりする機会が無くなるので、アトピーによる肌荒れに悩むことも減るのではないでしょうか。

 

妊娠中でも大丈夫?

レーザーは皮膚の表面から数ミリ程度にしか影響を与えませんので、お腹の赤ちゃんに直接悪い影響はありません。

「妊娠が判明する前に、レーザー脱毛をしてしまった」ということがあっても、心配しなくても良いでしょう。

ただし、痛みに対するストレスで体に負担がかかる可能性があります。

ですので、妊娠中ということが判明した後にレーザー脱毛を行うのは控えるようにしましょう。

 

皮膚ガンにならない?

レーザー脱毛が原因で皮膚ガンになることはありませんので、安心して下さい。

皮膚ガンの原因となる光は、太陽光線による紫外線です。

レーザー脱毛の光は赤外線の種類なので、紫外線とは異なる性質の波長を持っています。

なので、皮膚ガンになる心配は無いのです。

 

アレルギー体質だけど大丈夫?

アレルギー体質といってもさまざまなアレルギーがありますが、基本的にレーザー脱毛でアレルギーが悪化することはありません。

また、万一のトラブル回避のため、初回のカウンセリングなどで、レーザーの照射テストを行っています。

もし体質的に合わない可能性があっても、最初の照射テストの結果で回避や対策が行えるので心配しなくても良いでしょう。

▲ページトップに戻る