【火傷】3つのムダ毛対策とやけどのリスクについて

【火傷】3つのムダ毛対策とやけどのリスクについて

ムダ毛対策の自己処理として、ヒートカッターなどの熱を利用した機器をご存知でしょうか?

これは主にデリケートゾーンのムダ毛を処理する時に使用されますが、やけどになってしまう危険性もあります。

また他に、やけどになるリスクのあるムダ毛対策といえばレーザー脱毛がありますね。

この記事では、やけどと3つのムダ毛対策についてお話しいたします。

「ヒートカッターやレーザー脱毛が気になるけれどやけどが心配・・・。」だという方は、ご参考下さい!

 

3つのムダ毛対策とやけどのリスクについて

やけどのリスクがあるムダ毛対策で、以下の3つについて解説します。

  1. ヒートカッターや線香など
  2. 光脱毛
  3. 医療レーザー脱毛

では、それぞれについてご紹介しましょう。

1.ヒートカッターや線香など

線香やヒートカッターによるムダ毛処理は、毛先がチクチクしないといったメリットがあります。

しかし、やけどをしてしまうリスクはレーザー脱毛に比べれば非常に高いです。

場合によっては、やけどの痕が消えなくなってずっと後悔してしまうことになりかねませんので。

また、毛が焦げて非常に嫌なニオイが発生するのもあまりおすすめできない点です。

 

2.光脱毛

光脱毛も、やけどのリスクはあります。

エステティシャンによる施術なので、自己処理よりも安心して受けることができるでしょう。

しかし、認められた範囲を超えて出力を高くしたりするサロンも中にはあり、光を照射した部位がやけどしてしまったという事例もあります。

脱毛エステサロンの店舗数は年々増加していますが、それに比例してヤケドなどの肌トラブルが発生したというニュースもよく目にするようになりました。

利用する場合は、しっかりと安心して任せることのできるお店を選ぶことが大切でしょう。

 

3.医療レーザー脱毛

クリニックによる医療レーザー脱毛は、光脱毛と同様にやけどになってしまうリスクはあります。

しかし、医療従事者によって施術を行いますので、この中では一番安心して受けることのできる脱毛でしょう。

万一トラブルがあった場合でも、医師による診察や治療薬の処方などアフターケアも万全です。

特にVIOや顔などの脱毛はデリケートゾーンな部分なので、クリニックで受ける方が増えているようです。

 

おわりに

3つのムダ毛対策と、やけどのリスクについてお伝えをしました。

コストの面でいえば、自分で処理を行うヒートカッターが安くなりますがそれだけ危険性も増します。

また、伸びてくると何度も処理しなければならないのが大きなデメリットですね。

光脱毛は医療レーザー脱毛に比べて1回あたりの金額は安くなりますが、脱毛が終わるまでの期間も長くなります。

クリニックの医療レーザーは単価こそ高くなりますが、コストパフォーマンスや安全性を考えると悪い選択ではないでしょう。

▲ページトップに戻る