色素沈着【自己処理による失敗】

色素沈着【自己処理による失敗】

カミソリで毛を剃ったりすることを繰り返していたら、肌が黒ずんできてしまったという経験はありませんでしょうか。

ムダ毛の自己処理が、色素沈着の原因になってしまうことがあります。

この記事では、自己処理によって色素沈着が起こるしくみや改善方法をお伝えしています。

 

色素沈着はなぜ起こる?

色素沈着は、なぜ起こってしまうのでしょうか?

肌が刺激を受けると、表皮に存在するメラノサイトという色素細胞からメラニン色素が過剰に分泌されてしまいます。

これは、肌を守ろうとする防衛本能なのです。

肌にダメージを与えすぎてしまうと、メラニン色素が表皮に沈着してしまいます。

そうすると、元の色よりも黒ずんでしまった肌になってしまうという訳ですね。

 

色素沈着は治らないケースも?

色素が沈着してしまっても、ターンオーバー(肌の新陳代謝)によって黒ずんでしまった表皮は外に押し出されて、次第に剥がれていきます。

しかし、何度も刺激を与え続けたり、肌のケアを怠ってターンオーバーがうまく行われないとなると、色素沈着が消えにくくなってしまい黒ずんだ肌のままになってしまう可能性があります。

ムダ毛の自己処理は、まさに何度も刺激を与え続けてしまうものなので色素沈着が定着してしまう恐れがあるのです。

 

色素沈着を避けるには

色素沈着を改善するには、ムダ毛の自己処理を頻繁に行うことを避けるべきでしょう。

カミソリや電動シェーバーで剃ったとしても、1日~2日するとまたムダ毛が生えてきてしまいますのでついつい繰り返し剃ってしまいます。

しかし、この頻度の高い刺激が色素沈着の大きな原因となるのです。

また、毛抜きやブラジリアンワックスなどの脱毛方法も2週間程度しか持たず、抜いた場合は剃るよりも強いダメージを肌や毛穴に与えてしまうのであまりオススメ出来ません。

除毛クリームや脱色剤などの薬液も肌への刺激が強いので、頻繁に使用することは避けた方が良いでしょう。

 

おわりに

色素が沈着してしまっても、肌にダメージを与える原因を作らなければ元の肌色へと戻っていきます。

自己処理を頻繁に行うことをなるべく止めて、肌への負担を減らすように心がけましょう。

「肌が黒くなるのは嫌だけど、常にツルツルの状態を保ちたい!」と考えるのであれば、永久脱毛がベストな方法です。

レーザーでの永久脱毛は、すぐに黒ずんでしまうような肌が弱い方にこそ向いているムダ毛処理なんです。

ぜひ、検討してみてはいかがでしょうか?

▲ページトップに戻る