【傷・炎症】ムダ毛の自己処理に潜む3つの危険性について

【傷・炎症】ムダ毛の自己処理に潜む3つの危険性について

自己処理は女性の誰もが行っていますが、そのリスクを理解していおられない方は多いのではないでしょうか?

この記事では、ムダ毛の自己処理に潜む危険性とその注意点についてお伝えをしています。

「脱毛なんてしなくても自己処理で十分でしょ?」と考えている方は、ぜひ参考にして下さいね。

 

ムダ毛の自己処理に潜む3つの危険性

ムダ毛の自己処理には、以下の3つの危険性が潜んでいます。

 

  1. 肌に傷が付く
  2. 炎症を起こしてしまう
  3. ダメージが蓄積されると肌の色が黒くなる

 

では、どのようなところに注意しなければいけないのでしょうか?

具体的に、下記で解説をしましょう。

 

傷・炎症になりやすいムダ毛対策

【剃る】
カミソリでの自己処理は、コストがあまりかからず手軽に行えますね。

しかし剃毛の際に、刃が皮膚の角質を削ってしまうので肌が傷付いてしまいます。

これが肌荒れや乾燥の原因になり、悪化すると炎症を起こしてしまうのです。

また、毛を剃ってツルツルを維持するならば、1日から2日置きに剃らないといけません。

このように肌へ継続的に負担を与えてしまうと、肌をダメージから守ろうという反応によってメラニン色素が沈着して肌の色が黒くなってしまいます。

 

【抜く】
毛抜き・脱毛ワックス・脱毛テープ・電気脱毛器など、ムダ毛を抜いて処理する方法はいくつかあります。

毛を抜くならば肌にはそれほどダメージは大きくないと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、これは大きな間違いです。

ムダ毛を抜く時には、皮膚の表面も一緒に引っ張ってしまっているので肌には強い負担をかけてしまっているのです。

そして、最も大きな影響を受けているのが毛穴です。

毛を抜いた後の毛穴は広がってしまい、雑菌や皮脂が溜まりやすくなっているため炎症を起こします。

また、毛穴のダメージによって毛が生えるところが塞がってしまい埋没毛になってしまうことも。

やはり抜くという行為も肌や毛穴への負担は大きいので、繰り返すと色素沈着の原因になってしまいます。

 

アフターケアや頻繁にダメージを与えないことが大切

大切なのは、「アフターケアをしっかりする」、「頻繁にダメージを与えない」この2点です。

自己処理の後は乳液などで保湿をして、肌の乾燥を防いで下さい。

また、自己処理の間隔を空けることによって、肌を休めてあげる期間を確保することも大事ですね。

自己処理のリスクを完全に防ぐには、レーザーによる永久脱毛しかありません。

ムダ毛の自己処理で肌を傷めてしまい続けることを考えるのであれば、脱毛という選択が良いでしょう。

▲ページトップに戻る