毛穴が赤くなる・腫れる!?【やってはいけない自己処理】

毛穴が赤くなる・腫れる!?【やってはいけない自己処理】

「ムダ毛を抜く」という方法で自己処理を行っていませんでしょうか?

ムダ毛を処理して見た目の美しさを保つために行っていることが、実は正しいことではないかもしれません。

いくらムダ毛を処理したとしても、毛穴や肌が汚くなってしまっては元も子もありませんよね。

この記事では、抜くといった自己処理と毛穴にまつわるお話をしています。

 

やってはいけない自己処理

自己処理で一番おすすめ出来ない方法とは何なのでしょうか?

それは、「抜く」という方法です。

ムダ毛を抜く方法には、以下のようなものがあります。

・毛抜き
・電気脱毛器
・脱毛テープ
・脱毛ワックス(ブラジリアンワックス)

中にはブラジリアンワックスのように、エステのお店で行うものもありますが、やはりおすすめは出来ないのいうのが本音です。

自己処理でムダ毛を抜くと、確実に毛穴に悪い影響を及ぼしてしまいます。

そこで以下では4つのリスクについてご紹介します。

 

1.抜くと毛穴・肌が傷付く

ムダ毛を、抜いた後には毛穴や肌が傷ついてしまっています。

毛を抜く際には皮膚や毛穴も無理矢理引っ張ってしまっているため、思っているよりもダメージを与えてしまってるのです。

ワキやデリケートゾーンなどの太い毛を抜いた時には、毛穴から出血してしまうこともあります。

そしてそのまま放っておくと、更なるリスクが待ち構えています。

 

2.赤くなる・腫れる

ムダ毛の自己処理をした後に、毛穴が赤くなったり腫れてしまった経験がある方は多いのではないでしょうか?

抜いて開いた毛穴に雑菌が入り込んでしまうと、毛穴の中で炎症を起こしてしまうのです。

これは毛のう炎と呼ばれる症状で、化膿してしまった状態になっています。

 

3.黒ずみ

開いた毛穴に入り込んでしまう恐れがあるのは、雑菌だけではありません。

皮脂や汚れが毛穴に溜まってしまうと、黒ずみになります。

また、繰り返し抜いて自己処理をすると、ダメージの蓄積によってメラニン色素が沈着して肌が黒ずんでしまいます。

 

4.埋没毛

毛を抜くと起こってしまうのが、「埋没毛」です。

傷や炎症を起こした皮膚がカサブタになってしまうのが原因で、次に生えてくる毛を塞ぎます。

見た目が黒くボツボツとして、せっかくムダ毛を処理したのに露出するのも嫌になってしまいますね。

 

おわりに

ムダ毛を抜いて処理し続けるというのは、色々なリスクを伴ってしまいます。

自己処理の危険や手間から開放される、永久脱毛を受けるというのも良い手段でしょう。

ムダ毛対策は毛もさることながら、毛穴や肌のことも考えて行いましょうね!

▲ページトップに戻る