自己処理による肌のかぶれと注意点【敏感肌の方にも適した脱毛とは】

自己処理による肌のかぶれと注意点【敏感肌の方にも適した脱毛とは】

「自己処理で肌がかぶれて赤くなってしまった!」という経験が、おありの方は多いことでしょう。

この記事では、自己処理でかぶれしまうケースとその注意点や、肌の弱い・敏感肌の方に最も適した脱毛についてお伝えしています。

肌がかぶれてしまって困るという方は、ご参考下さい!

 

ムダ毛の自己処理によるかぶれ

自己処理をした後にはかゆみ、ヒリヒリ感が出てかぶれてしまうことがあります。

以下では、さまざまなムダ毛の処理方法で肌がかぶれてしまうケースとその注意点を解説します。

 

自己処理でかぶれしまうケース

【カミソリ】
カミソリでの剃毛は自己処理で最もポピュラーな方法ですが、肌にダメージを与えてしまいます。

カミソリ負けすると、肌が赤くなってヒリヒリと痛んでしまいますよね。

肌がかぶれてしまった場合は、治るまで再度カミソリを当ててはいけません。

化粧水だと染みることがあるので、乳液で保湿をして肌を休ませましょう。

 

【除毛剤・脱色剤】
薬剤を肌に塗ることによりかぶれてしまうケースは、とても多いのではないでしょうか?

除毛剤は毛を溶かす作用があるので、当然皮膚に対しての刺激は強いです。

また、脱色剤も肌への負担は相当なものになりますので、繰り返し使用していると接触性皮膚になることもあります。

最初の肌へのパッチテストを行うのはもちろんですが、異常が出なくても頻繁に薬液を使用するのは控えて下さい。

また、使用上の注意に記載されている時間を超えて塗っておくのは絶対に止めておきましょう。

 

【テープ・ワックス】
脱毛テープやブラジリアンワックスも、肌がかぶれてしまう原因になります。

この方法は無理に毛を引っ張ってしまうので、肌や毛穴を痛めてっしまいやすいのです。

また、毛が抜けて開いた毛穴に雑菌が入って炎症が起きることも十分にあります。

大事なのは、毛を抜いた後の赤みがかった肌を清潔にしてよく冷やすことです。

また、乾燥などの肌トラブルを防ぐためにも保湿はしっかりとしておきましょう。

 

肌の弱い・敏感肌の方に最も適した脱毛は?

では、肌の弱い方や敏感肌の方に最も適した脱毛は何なのでしょうか?

それはずばり、レーザー脱毛です。

レーザー脱毛は、施術前は必ず毛を剃る必要がありますが、毎日のように繰り返し剃らなければいけない訳ではありませんので肌への負担はグッと減らせます。

しかし永久脱毛が完了すれば、ずっと自己処理しなくても良い状態でいられます。

ムダ毛の自己処理で、肌を痛めたりかぶれてしまう心配をする必要も無くなりますよ!

▲ページトップに戻る