自己処理での肌荒れはなぜ起こる?【ぶつぶつ・乾燥】

自己処理での肌荒れはなぜ起こる?【ぶつぶつ・乾燥】

ムダ毛対策の自己処理は、女性にとって欠かせません。

しかし、「せっかく自己処理でツルツルになったのに、肌が荒れてしまった!」という方も少なくありません。

「自己処理をすると肌荒れはなぜ起こるのか?」について解説します。

肌の健康をキープしたいとお考えの方は、ぜひご覧下さい。

 

自己処理での肌荒れはなぜ起こる?

毛を剃ったり抜いたりすると、ぶつぶつが出来たり乾燥しやすい肌になってしまったりすることがありますね。

ムダ毛の自己処理をすると、なぜ肌荒れを起こしてしまうのでしょうか。

自己処理の方法によって細かな原因に違いはありますが、共通していることは肌や毛穴にダメージを与えている点です。

 

ダメージの原因

【剃る】
カミソリでムダ毛を剃る場合、どうしてもカミソリの刃が肌に直接当たってしまいます。

その際、皮膚表面の角質を削ってしまっているのです。

電動シェーバーは、カミソリに比べて肌には優しいとされています。

しかし、少なからず肌には負担を与えており、頻繁に処理しなくてはならないのでダメージが蓄積するのです。

【抜く】
毛を抜く方法としては、毛抜き・脱毛ワックスやテープ・電気脱毛器と色々な方法があります。

どの方法も毛を抜く時に皮膚も一緒に引っ張ってしまっているため、肌に強いダメージを与えてしまっています。

また、毛を無理矢理抜いた際に開いてしまった毛穴から雑菌が入り、炎症を起こしてしまう場合もあります。

【溶かす・脱色】
除毛クリームで毛を溶かしたり、脱色剤で毛の色薄くしたりするというムダ毛対策もあります。

どちらもタンパク質に作用する成分が含まれているので、繰り返し使用するには肌への負担が強すぎるのです。

薬局やネット通販で気軽に購入出来ますが、使用する際は注意が必要です。

とても刺激が強い薬剤なので、必要時間を超えて肌に塗ったままにしてはいけません。

肌に異常を感じたら、すぐに使用を中止しましょう。

 

肌荒れを無くすには

自己処理による肌荒れを無くすには、毛を抜いたり薬剤を使用することを控えるようにしましょう。

特に、抜く処理方法はダメージが大きいので繰り返し行わないように注意しなければなりません。

電動シェーバーを利用して剃る処理方法の方が、まだ肌への負担は少なくで済みます。

肌が弱くどうしても荒れてしまうのであれば、レーザーでの永久脱毛がベストです。

特にクリニックの医療レーザー脱毛は、医療機関による施術なので肌トラブルが心配な方も安心して受けることが出来ます。

▲ページトップに戻る