ワックス脱毛の良い点・悪い点は?【ブラジリアンワックス】

ワックス脱毛の良い点・悪い点は?【ブラジリアンワックス】

最近ではムダ毛処理の主流の1つとなっている、ワックスでの脱毛。

デリケートゾーン、つまりVIO周辺のワックス脱毛はブラジリアンワックスとも呼ばれています。

この記事では、ワックス脱毛の良い点・悪い点について解説を行いました。

 

ワックス脱毛の良い点と悪い点は?

ワックス脱毛はm脱毛用のワックスを塗ってから乾いた後にムダ毛を毛根ごと一気に引き剥がす方法です。

そんなワックス脱毛の良い点・悪い点について、下記にて詳しくお伝えしましょう。

 

ワックス脱毛の良い点

【剃るよりもツルツルが長持ちする】
ムダ毛を剃った翌日から毛が飛び出しているなんてこともなく、しばらくはツルツルをキープできます。

 

【生えてきてもチクチクしない】
剃った場合は、再び毛が生えた時にチクチクと痛んでしまいます。

ワックス脱毛であれば、毛の先端が鋭角にならずに済みますね。

 

【1回の料金は数千円で可能】
自身でワックス脱毛を行うのであれば、安価でワックスを入手できます。

また、サロンでスタッフにブラジリアンワックスなどをしてもらう場合も、料金は数千円で済むので1回の料金コスト自体はそれほど高くありません。

 

ワックス脱毛の悪い点

【ある程度の毛の長さが必要】
ワックス脱毛を行うためには、5ミリから1センチ程度の長さの毛が必要になります。

これは、あまり毛が短すぎるとワックスが毛にくっつかず、引き剥がせないためです。

ワックス脱毛の直前は、ムダ毛を剃ってしまわないよう注意しなければなりません。

 

【かなり痛い】
脱毛用のワックスを塗ってから乾いた後、ムダ毛を毛根ごと一気に引き剥がします。

この時に感じる痛みは、かなり強い痛さになります。

痛みや弱い方や肌が丈夫でない方は、あまりおすすめできる方法ではありません。

 

【肌や毛穴への負担が強い】
ワックスを引き剥がす際の肌や毛穴への負担は、とても強くなってしまいます。

肌荒れを引き起こしてしまったり、開いた毛穴が炎症を起こして赤く腫れてしまったりします。

また、脱毛後は清潔にしておかなければ、雑菌が毛穴に入って化膿するリスクも。

 

【2週間ほどで、また毛が生える】
剃るよりも長持ちするとはいえ、2週間ほどすればまたムダ毛が生えてきてしまいます。

ですので、ツルツルをキープし続けるためには繰り返し処理を行う必要があるのです。

何度も肌や毛穴に強い負担を与えることになると、肌トラブルのリスクは更に高まります。

 

【埋没毛になる】
肌が傷付いてしまうことにより、厚くなった皮膚が生えてくる毛を塞いでしまいます。

毛穴の中に残ったままの毛が、黒いボツボツの見た目になってしまうのが埋没毛です。

もし埋没毛になってしまった場合は、スクラブで肌の古い角質を落として潜り込んでいる毛が表面に出てこれるよう処置をしましょう。

 

おわりに

ワックス脱毛には良い点と悪い点のどちらもありますが、一番の特徴は繰り返し処理し続けなければならないことです。

煩わしいムダ毛処理から開放されるには、レーザーでの永久脱毛が良いでしょう。

▲ページトップに戻る