テープによる脱毛は痛いだけがデメリットではない!?

テープによる脱毛は痛いだけがデメリットではない!?

毛抜きで抜くよりも、一気にムダ毛を剥がせてしまう手軽さが魅力のテープ脱毛。

カミソリや毛抜き、家庭用脱毛器に比べてマイナーではありますが、テープを使用している人は少なからずいらっしゃるでしょう。

このテープによる脱毛は、痛いだけがデメリットではないので注意が必要です。

 

テープによる脱毛は痛いだけがデメリットではない!?

テープによる脱毛を行う場合は、脱毛専用のテープを薬局などで購入して使用します。

自宅にあるガムテープなどでセルフに行うこともありますが、粘着力が弱いので余計に手間がかかってしまいます。

このようなテープによる脱毛は、痛いだけがデメリットではありません。

以下で、メリット・デメリットを詳しく解説いたします。

 

テープによる脱毛のメリット

テープによる脱毛の一番のメリットは、剃るよりもムダ毛処理の間隔を長く空けておけることでしょう。

テープを剥がすだけであれば、処理の時間も短くて済みます。

また、カミソリやシェーバーよりも消耗が早いとはいえ、脱毛テープは比較的安価に入手できるのでコストもあまりかかりません。

しかし、注意しなければならないのはテープによる脱毛のデメリットです。

 

テープによる脱毛のデメリット

【剥がし損ねた毛が残る】
数回テープでの処理を行うと大抵のムダ毛は抜くことができますが、短い毛や生えかけの毛などは残ってしまいます。

その場合は毛抜きで1本ずつ抜いていく作業が必要なので、手間と時間がかかってしまいますね。

【肌・毛穴のダメージ】
皮膚ごと引っ張ってしまう方法なので強い痛みを伴い、肌荒れを起こしてしまったり内出血する場合もあります。

また、無理に毛を抜くと毛穴が広がってしまい、鳥肌のようにブツブツとした見た目になります。

毛穴に炎症をきたす恐れもあるので、負担の大きさが危惧されますね。

【色素沈着・黒ずみ・埋没毛】
一度、テープの脱毛で問題が起こらなかったからといって、今後も大丈夫だとは限りません。

繰り返し処理を行っていると、肌や毛穴へのダメージは蓄積されてしまいます。

テープの粘着による肌へ強い刺激を何度も与えているとメラニン色素が沈着してしまい、肌の色が黒くなっていきます。

また、広がった毛穴に汚れが溜まってしまい黒ずみになることも。

そして、新たに生えてくる毛が皮膚の中に埋もれてしまう埋没毛になる可能性もあります。

 

おわりに

テープによる脱毛だけに限らず、繰り返し自己処理を続けることは肌や毛穴に良いとは言えません。

キレイでツルツルのお肌を保つためには、レーザー脱毛がベストですね。

▲ページトップに戻る