毛抜きによる脱毛が危険な訳とは!?【メリット・デメリット】

毛抜きによる脱毛が危険な訳とは!?【メリット・デメリット】

毛抜きによる自己処理は、自分で行えるムダ毛対策の中でも最もポピュラーな方法な1つです。

この記事では、毛抜きによる脱毛のメリットやデメリットについて詳しく解説をしています。

現在、毛抜きによる脱毛を頻繁に行っている方は、ぜひご覧になって下さい。

 

毛抜きによる脱毛は危険

ピンセットタイプの毛抜きさえあれば、自己処理を行える手軽さが毛抜きによる脱毛の魅力です。

また、剃る場合に比べてツルツルが長持ちするのが大きな特徴でありメリットでしょう。

しかし、毛抜きによる脱毛には良いことばかりではなく、さまざまなデメリットがあります。

以下で、詳しくお伝えしていきましょう。

 

毛が途中で切れてしまい切り残す

全ての毛をキレイに抜くのは難しく、毛抜きで引っ張る際に毛が途中で切れてしまうことが多々あります。

皮膚表面で残ってしまった毛は、短すぎてすぐに抜くことができないので2度手間、3度手間になってしまうことも。

また、「抜いていたつもりが、気付かずにチョロっと1本残ってしまっていて恥ずかしい思いをした・・・。」ということもあるので注意が必要です。

 

痛み

当然ではありますが、毛を抜く際には強い痛みが伴います。

特に、皮膚が敏感なVラインなどのデリケートゾーンあたりは激痛が走りますので、痛みに弱い方は控えましょう。

 

とにかく時間がかかる

毛抜きでムダ毛を一本ずつ抜いていく作業は、とても時間がかかってしまいます。

カミソリなどの他の自己処理に比べても、自己処理に費やす労力は相当なものになりますね。

肌や毛穴にダメージが

毛を抜く際には、少なからず肌や毛穴にダメージを与えてしまっています。

毎回繰り返して毛を抜いていると、毛穴が広がってしまい見た目が汚くなってしまいます。

また、広がった毛穴に汚れや皮脂が溜まると黒ずみになってしまうこともあります。

 

埋没毛

毛を抜いたダメージで、皮膚にカサブタが出来たり皮膚自体が厚くなってしまうことがあります。

そうすると、再生して次に生えてくる毛が、皮膚表面から飛び出せなくなってしまいます。

これがいわゆる埋没毛と呼ばれるもので、黒くボツボツとした見た目になってしまうのです。

 

おわりに

毛抜きによる脱毛の色々なデメリットについて、お話してまいりました。

自己処理の手間がかからずツルツルの美肌をキープするには、レーザーでの永久脱毛が一番良い方法ではないでしょうか。

自分でムダ毛を処理し続ける時間やリスクを考えても、レーザー脱毛はコストパフォーマンスとしては決して低いものではないでしょう。

▲ページトップに戻る