電気脱毛器のコスパは良い?【家庭用脱毛器】

電気脱毛器のコスパは良い?【家庭用脱毛器】

電気脱毛器は、自動でムダ毛を抜くことができる機器です。

電気脱毛器を購入する際に気になるのが、コストパフォーマンスの良さですよね。

メリットやデメリットなども交えて、解説をしています。

購入を迷われている方は、参考にご覧下さい!

 

電気脱毛器のコスパは良い?

電気脱毛器は、価格が安いものであれば4千円程度、高いものであれば2万円以上するものもあります。

ムダ毛の自己処理をするにあたって、電気脱毛器のコスパは良いのでしょうか?

考察するために、電気脱毛器のメリットやデメリットについてお伝えしましょう。

 

電気脱毛器のメリット・デメリット

【メリット】

  • 毛抜きで抜くよりも早い

毛抜きでムダ毛を抜く際は、非常に長い時間をかけて処理せざるを得ませんでした。

しかし、電気脱毛器を使用すれば、毛抜きで1本1本抜くよりも自己処理のスピードは格段に早くなります。

 

  • 剃るよりもツルツルが長持ちする

カミソリやシェーバーでムダ毛を剃っても、短い場合は1日しか持たないこともあります。

毛を抜くと1週間ほどはツルツルの肌を持続させることができますので、剃るよりも自己処理を行う頻度も少なくて済みます。

 

 

【デメリット】

  • 抜く時の痛みが激しい

電気脱毛器で毛を抜く時には、非常に強い痛みを伴います。

価格が高い機種によっては、マッサージローラーなどにより痛みを和らげる機能を搭載しているものもあります。

しかし、完全に痛みが無くなる訳ではなく、少しマシになる程度です。

痛いのが苦手だという方には、電気脱毛器はあまりおすすめできません。

 

  • 毛穴からの出血や肌に赤みが出る

電気脱毛器での抜毛は、ローラーに毛を巻き込ませて引き抜くという方法です。

肌や毛穴に与えるダメージは結構なもので、赤くヒリヒリしたり、場合によっては毛穴から出血してしまうことも。

 

  • 毛の切れ残しがある

一度ローラーを当てれば全ての毛がキレイになる訳ではなく、どうしても途中で毛が切れてまうことがあります。

気付かずに放置すると目立ってしまうので、抜き残しの毛に注意する必要があります。

 

  • 次に生える毛が埋没毛になる

毛を抜く自己処理をすると、どうしても起こってしまうのが埋没毛です。

処理後数日たった時、再生した毛が皮膚の中に埋もれてしまって黒い点のような見た目になってしまいます。

 

おわりに

電気脱毛器は処理が早いなどのメリットもありますが使用時はかなり痛く、毛穴や肌へのダメージも相当なものになります。

また、定期的に繰り返し処理しなければなりません。

「購入をしたけれど、途中で使用を止めてしまった。」という方も、少なくないと思います。

電気脱毛器をずっと使用していれば購入金額以外のお金はかかりませんが、多数のデメリットを考えれば決してコストパフォーマンスは良いとは言い切れないでしょう。

▲ページトップに戻る