Vライン脱毛で後悔しないために知っておきたい2つの形

Vライン脱毛で後悔しないために知っておきたい2つの形

Vラインのムダ毛は、うっかり放置してしまうと下着や水着からはみ出してしまいます。

しかし、「デリケートなゾーンだけに自己処理をするのは大変・・・。」と思っちゃいますよね。

そんな訳で、Vラインの脱毛を始める方が増えています。

そこで悩むのが、Vラインの形についてです。

Vラインの脱毛を検討されている方は、ぜひご覧下さい!

 

Vラインの脱毛は形が重要

Vラインの脱毛をする前に決めておきたいのが、Vライン脱毛後の形です。

当然ですが、脱毛を完了してしまった後では二度と元の形には戻せません。

施術を1,2回しか行っていないのであれば、毛が再び生えてくるのを待って戻すことができますが・・・。

後から後悔しないためにも、Vラインの脱毛範囲はきっちりと決めて理想的な形を手に入れましょう。

Vラインの形を決めるにあたり気になるのが、「みんな、どこまで脱毛するんだろう?」ってことですよね。

そこで、ポピュラーなVライン脱毛の形をピックアップしました!

 

Vラインの形は逆三角形や長方形が人気

Vラインの形は、希望を伝えればその通りに脱毛してもらえます。

今、Vラインの脱毛で人気の形は「逆三角形」と「長方形」の2つです。

 

  • 逆三角形

ナチュラルな逆三角形を希望される方は、やはり多いようですね。

元々、自然に生えてくる形が逆三角形なので、今生えている範囲から1回り・2回り小さく脱毛するイメージです。

自然な形であれば、男性の目も気にせずに済みます。

 

  • 長方形

長方形も人気なようですね。

長方形の太さも人それぞれのお好みで、自然な範囲で長方形するパターンから、かなり細めに脱毛するパターンなどがあります。

海外のセレブは、かなり細めな長方形にすることが多いようです。

その他では、「たまご形」や「ハート形」なんて形にする方もいらっしゃるようです!

しかし、大半の方は「逆三角形」か「長方形」に決められる方はほとんどみたいです。

 

下着からはみ出ないぐらいの範囲にするのもアリ

「迷ってしまってなかなか決められない!」という方もおられるでしょう。

そんな方はこれといった形にとらわれ過ぎず、下着や水着を履いた時に毛がはみ出ないような範囲にとどめておくのも良いのではないでしょうか。

下着や水着からはみ出ない程度の脱毛であれば、取り返しのつかない後悔をせずに済みます。

また、Vラインの自己処理をしなくてよくなるので夏場の水着も気にせずに着れますね!

Vラインの脱毛は、他の脱毛部位と違って全てツルツルにという訳にはいきませんので、事前にしっかりと毛を残す範囲を決めておきましょう!

▲ページトップに戻る