おへそ周りの脱毛【自己処理やおなか脱毛との違いに注意!】

おへそ周りの脱毛【自己処理やおなか脱毛との違いに注意!】

      「おなか、特におへそ周りのムダ毛が特に目立って濃いので自己処理が大変・・・」とお悩みではありませんか?

実は、おへそ周りのムダ毛で困っている女性は多いのです。

そんな時まず考えるのが、ムダ毛の自己処理ですよね。

しかし、自己処理を続けて行っていると、さまざまなデメリットが起こってしまいます。

この記事ではそんなデメリットの詳細から、おへそ周りの脱毛についてお伝えしています。

 

おへそ周りの自己処理にはこんなデメリットが

  • カミソリで剃り続けると、肌へのダメージが蓄積する
  • 毛を抜くと、毛穴が開いたり埋没毛になってしまう

このように、ムダ毛の自己処理を繰り返し行っていると、色々なデメリットが起こってしまいます。

場合によっては、色素が沈着して黒ずみになってしまったり、ヒリヒリして炎症を起こしてしまうこともあります。

やはり、プロにまかせてレーザー脱毛を受けるのが1番なのではないでしょうか。

次に、おへそ周りの脱毛を受ける前に知っておきたい、おなか脱毛との違いについて解説いたします。

 

おへそ周りの脱毛とおなか脱毛との違いとは?

おへそ周りの脱毛とおなか脱毛を一緒に考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、この2つには明確な違いがあります。

おへそ周りの脱毛・・・おへそを中心とした、周りの半径約5センチ程度の範囲を脱毛する。

おなか脱毛・・・おなか全体の脱毛を行うので、おへそ周りの部分も脱毛範囲に含まれている。

料金に関しては、おなか脱毛の方が脱毛範囲が広いので高くなります。

もし、「おへそ周りのムダ毛は気になるけど、おなか全体までは脱毛しなくてもいい!」とお考えなのであれば、おへそ周りの脱毛のみを受けるようにしましょう。

 

おへそ周りの脱毛でおすすめは?

おへそ周りのムダ毛は、脚のスネやワキ部分に比べると薄い毛になります。

うぶ毛に近い薄い毛を脱毛するのであれば、クリニックでの医療レーザー脱毛が良いでしょう。

そこで、医療レーザー脱毛のメリットを見てみましょう。

  • 脱毛を受ける回数・期間が短い
  • うぶ毛の脱毛に強いので失敗しにくい
  • 医療機関なのでトラブルにも安心

脱毛エステサロンの光脱毛に比べて、以上の3点が医療レーザー脱毛のメリットです。

特に、うぶ毛の脱毛は時間がかかりやすく、光脱毛で施術した場合、効果が実感するまでに2年以上かかる方もいます。

その点において、医療レーザー脱毛は出力が高いので、比較的短い期間でもしっかりと効果を出すことができるのです。

「脱毛に通ったけれど、結局途中で辞めてしまった・・・。」という失敗をしないためにも、脱毛を受ける前によく考えておくことが大事です。

▲ページトップに戻る