後悔先に立たず!早めに行うひざ下脱毛のススメ

後悔先に立たず!早めに行うひざ下脱毛のススメ

ひざ下のすね毛を処理する際、カミソリで剃ったり、家庭用脱毛器で毛を抜いたりする方がほとんどだと思います。

しかし、自己処理によって肌へのダメージを与えてしまうと、ずっと後悔してしまうことになるかもしれません。

そこで自己処理の煩わしさから開放される、ひざ下の脱毛を早めに行った方がよい理由をお伝えします。

 

ひざ下脱毛を早めにするべき理由とは

ひざ下にあるすね毛のムダ毛処理は、女性にとっては切っても切れないものです。

スカートを着る時、更衣室での着替えなど、人前で脚を見られるシュチュエーションはさまざまな場面にありますね。

そんな時に、生やしっぱなしのすね毛なんてとてもお見せする訳にはいきません。

男性の前だとなおさらです。

足の見た目で「うわっ・・・」と思われないように、女子はツルスベな素足を常に目指さなければなりません。

脱毛を行っていないひざ下は、必然的に自己処理をしなければいけません。

しかし、手遅れになる前に早く脱毛しておいた方が良い理由があるのです。

まず、自己処理で代表的なカミソリでの剃毛で自己処理しているケースについて解説しましょう。

 

足がカミソリ負けでかゆくなると

「スネのムダ毛を自己処理してると肌が荒れちゃう・・・」とお悩みになったことはありませんでしょうか?

それはいわゆるカミソリ負けと呼ばれるもので、肌にカミソリの刃で傷を付けてしまっている状態です。

そんな傷付いた肌に菌が入ってしまうと、炎症を起こしてしまう可能性もあります。

そうやって肌にダメージを与え続けてしまうと、色素が沈着してしまい浅黒い肌になりかねません。

では、毛を抜くのであればどうでしょう?

次は、ガムテープや電動毛抜きによって抜毛した場合のリスクについてお話します。
 

毛を抜くと埋没毛になることも

ひざ下は、比較的乾燥しやすい部位です。

乾燥しているところに毛を抜くことを繰り返していると、皮膚の中に毛が埋もれてしまう埋没毛という状態になってしまいがちです。

そうすると見た目が、黒くボツボツした足にしまいますね。

そうならないためにも足をしっかりと保湿することが大事ですが、毎日のお手入れが大変です。

 

ひざ下脱毛で傷ついた肌も徐々に綺麗に

毎日毛を抜いたり剃ったりすると、過度に肌に負担かかってしまいます。

やはりツルスベの足をキープするのであれば、ひざ下を脱毛するのが良い方法です。

埋没毛はまだしも色素が沈着してしまうと、完全には治らないかもしれません。

しかし色素沈着した肌は、肌へのダメージを受ける頻度を減らすことで本来の白い色に戻っていきます。

とはいえ、そうなる前に少しでも早く脱毛を受けておくことがベストですので決断は早い方がよいでしょう。

▲ページトップに戻る