ハイジニーナをする前にこの2つは読んで!【メリット・脱毛の方法】

ハイジニーナをする前にこの2つは読んで!【メリット・脱毛の方法】

ハイジニーナとは、ドイツ語で「衛生的・清潔」という意味を持つhygieneが語源の由来です。

俗語では、パイパンとも呼ばれていますね。

ハイジニーナを検討しているのであれば、この2つは読んでいただきたい、メリットや脱毛の方法についてお伝えしています。

後悔しない脱毛ライフを過ごすためにも、ぜひご覧下さい!

 

ハイジニーナをする前に知っておきたい2つのこと

ハイジニーナとはずばり、デリケート部分のVIOの毛を全て脱毛してしまうことですね。

あなたがハイジニーナをする前に、ぜひ知っていただきことは、以下の2点です。

  • ハイジニーナのメリットとデメリット
  • ハイジニーナはどこで受けたほうがいい?

では、それぞれについて詳しく解説していきましょう。

 

ハイジニーナのメリットとデメリット

ハイジニーナにはメリットもあればデメリットもありますが、それぞれピックアップしてみましょう。

【ハイジニーナのメリット】

  • 蒸れなくなるので、臭いや不快感が無くなり生理中もスッキリする。
  • きわどい水着や下着を着ても、心配しなくていい。
  • 見た目が美しく、男性受けが良い

 

【ハイジニーナのデメリット】

  • 銭湯や温泉などで、人目が気になる。
  • 毛がある方が好きという男性も

 

やはりメリットは多く、蒸れにくくなり清潔さを保てるのと、毛がはみ出てしまう心配がなくなるのも良いですね。

そして、ツルツルが好きな男性もかなり多いので、パートナーから喜ばれるのも嬉しい点です。

しかし逆に、毛がある方が好きだという男性も一定数はいるので、この点は好みが分かれるところでしょう。

また、銭湯などに行きづらくなるかもしれませんが、タオルなどで隠せばそれほど気にならないかもしれませんね。

次に、「ハイジニーナはどこで受けたほうがいいか?」ということについて解説しましょう。

 

ハイジニーナはどこで受けたほうがいい?

ハイジニーナをするといっても、VIOを脱毛するにはさまざまな方法があります。

  • ブラジリアンワックスで抜く
  • カミソリで剃ってしまう
  • レーザー脱毛を受ける

ブラジリアンワックスで抜くというのは、ハイジニーナをされたことのない方は、ツルツルになるのがどんなものか1度試してみるにはいいかもしれません。

ただし、ブラジリアンワックスを何回も繰り返していると、色素沈着を起こして黒ずんでしまうので注意しましょう。

カミソリで剃ってしまうのは、一番オススメ出来ません。

2、3日するとチクチクしてしまいますし、なにより肌へのダメージが一番大きいのです。

レーザー脱毛は、生えてこなくなってしまうのがメリットでもあり、デメリットでもあります。

「やっぱり毛を残しておけばよかった!」と後から後悔してしまってはいけませんので、それなりの覚悟を持って脱毛しなければなりません。

ハイジニーナを迷っているならお試しでブラジリアンワックスを、継続してツルツルにしておきたいのならレーザー脱毛を受けるのが良いでしょう。

▲ページトップに戻る