えりあし・うなじの脱毛で失敗しないたった1つのコツ

えりあし・うなじの脱毛で失敗しないたった1つのコツ

髪の毛をアップした時やショートヘアーにした時に気になるのが、えりあし・うなじの部分ですよね。

首の後ろ部分なので、自分で処理するのはなかなか難しいと思います。

そんな悩みを解消できるのが、えりあし・うなじの脱毛です。

この記事では、えりあし・うなじの脱毛で失敗しないたった1つのコツや、えりあし・うなじの形の決め方についてお伝えしています。

 

えりあし・うなじの脱毛で失敗しないたった1つのコツとは?

えりあし・うなじの脱毛で失敗しない、たった1つのコツをご紹介します。

それは、【自分が理想とする、えりあし・うなじの形を写真や絵で見せること】です。

脱毛施術をしてもらう前に、スタッフの方にしっかりと希望する形をお伝えしましょう。

美容院でもカットが終わった後に、「思っていた髪型と違ってショック!」という経験は誰もがお持ちかと思います。

そんな時って、自分がして欲しい髪型やカットの方法がきちんと伝わっていなかったことが、1番の原因だというケースがほとんどではないでしょうか?

  • 髪であれば伸びてくるのでやり直しがききますが、えりあし・うなじの脱毛が終わってしまった後では取り返しがつきません。

後で後悔しないためには、自分の理想のイメージや形をしっかりと伝えること。

そして、自分の理想のイメージを理解してもらうのであれば、写真や絵を見せるのが1番なのです。

とは言っても、「どんな形にしていいか分からない!」という方もいらっしゃるかもしれません。

それでは、次にえりあし・うなじの形を決めるにはどうすれば良いのかお伝えしましょう。

 

えりあし・うなじの形を決めるには

えりあし・うなじの形は色々ありますが、以下の3つが基本の形となっています。

 

  • W型

W型のえりあし・うなじは定番の形です。文字通りWの形をしていて、綺麗なうなじの理想だと言われています。

 

  • M型

M型のえりあし・うなじも人気の形ですね。こちらも文字通りMの形になるようにえりあしを残しており、両サイドが長めになるのが特徴です。

 

  • U型

U型はアーチ曲線を描くように、綺麗なカーブをつけているえりあしの形です。この形を逆さにした、逆U型というのもあります。

 

これらの基本的な形をふまえた上で、自分のえりあし・うなじの形を決めましょう。

どうしても迷うのであれば、彼氏・夫にどの形が好きなのか聞いてみたり、自分の好きな女性モデルや女性芸能人の写真・画像を参考にすると良いでしょう。

最後に豆知識として、「えりあしとうなじの違いとは?」をお伝えします。

 

えりあしとうなじの違いとは?

うなじは、首の後ろの部分全体を表しています。

えりあしは、首の後ろ側の髪の生え際のみを表しています。

脱毛エステサロンやクリニックではうなじ・えりあしのどちらでも意味は通じますので、心配ないでしょう。

▲ページトップに戻る